電動ヘリ HK600GT(8S) 

HOBBY KINGの電動ヘリ HK600GT を購入しました。
T−REX600ESPをいじくるのは、一寸勿体ないのでHK600GTで遊んで見ることにしました。
ただ、LiPo 8セル仕様にするだけなんですがどうなるでしょうか?。
多少改造が必要です。


使用パーツ

ロータ

TCF-600-.60 Rough-Rider Carbon Fiber Main Blade 600mm
$37.20

バッテリー

Turnigy nano-tech 4000mah 4S 45~90C Lipo x2
$59.99x2

アンプ

TURNIGY Sentilon100A HV 5-12S BESC (Ver4)
Cont Current: 100A
Burst Current: 110A
BEC Mode: N/A (no BEC)
Lipo Cells: 5-12
NiMH : 15-36
Weight: 125g
Size: 60x60x11mm
CPU Clock Speed: 12Mhz
$82.07

モータ

Turnigy T600 Brushless Outrunner for 600 Heli (1100kv)
Dimension: 58mm x 49mm, 78mm(with shaft)
Weight: 369g
Kv: 1100rpm/V
Turns: 10T
Voltage: 5~7S  電流値を低めにして8Sで使用します (70-80A)
Max Current: 110A
Diameter of shaft: 6mm
Length of front shaft: 21.5mm
ESC: 100~120A
$30.42

ベック

TURNIGY 8-15A UBEC for Lipoly
Output (Constant): 5v/8A or 6v/8A
Input: 6v-12.6v (2-3cell lipo)
Size: 42x39x9mm
Weight: 34g
Quiescent current: 60mA
Type: Switching, however because of the noise reduction (thin metal case & filter) this unit gives the same noise as a Linear BEC.
$14.63

ワットメータ(ヘリに搭載可能)

HobbyKing PO Wattmeter 100A
Specs:
Voltage range: 6~50v
Current range: 0~100A
Display: Volt / Amp / Watt
Manual Calibration
Data Hold
$18.03

サーボ、ジャイロ
ALIGN GP780ジャイロ
ラダーサーボ   DS620
スワッシュサーボ DS610x3


8セル用充電器

IMAX B8 Charger/Discharger 1-8 Cells
Operating voltage range: 10.0~18.0Volt
Circuit power: max. 150W
Charge current range: 0.1~7.0A
Discharge current range: 0.1~5.0A
Current drain for balancing Li-Po: 300mAh/cell
NiCd/NiMH battery cell count: 1~27 cells
Lithium bettery cell count: 1~8 Series
Pb battery voltage: 2 to 36V
Weight: 574g
Dimensions: 170X110X35mm

$39.99

                                            2011.01.25

追記:部品は、現在HOBBY KING より取り寄せ中です。

                                            2011.02.11


完成した機体

組み立てと基礎調整が、終わりました。
フレームは、仮組みの状態でキッチリ組まれていませんでしたので組み直しています。
精度は、本家(T-REX600)より若干劣るようです。130$の値段からすると上出来です。
モータの径が、大きくフレームと当たるので3番目の写真のようにフレームをカットし、補強板を取り付けて有ります。
高速スタントと言ったところなので 尾翼も抜きの無い通常タイプに変更しました。


                                          2011.03.17  

テスト飛行

ホバリングと飛行安定は、T−REX600に比べると大分大人しい仕様に成っています。
しかし上空を軽く流しただけでアンプが燃えました。(スロットルは全開に近い位置です)。
ホバリングの電流値が65Aと異常でしたので、もしかしたらの思いは有りましたが 残念。
ピニオンは、手持ちの一番小さい13Tを付けたので多くても45Aは超えないと思っていました。(後でモータにプロペラを付けて電流値を測定する予定です。)

                                          2011.03.17 

修理(仕様変更)

これ以上無駄な投資は、出来ませんので モータは、 ALIGNのRCM−BL600MX、アンプは、ALIGNのRCE-BL100Gという事に成りました。
ついでにテールをトルクチューブに変更予定です。
バッテリーは、4000mA−8S(4Sx2) 2本をバラして4000mA−6Sを2本作ります。

ブラシレスモーターRCM-BL600MX
仕様
・Input voltage:DC11.1V-25.2V 3-6cell Li-Poly
・Max continuous current:90A/150A(5sec)
・Max output power:2000W/3000W(5sec)
・KV value:1220KV
・Dimension: spindle 6Φx45Φx59mm
・Weight: 320g

90A/150A(5sec)しかも650L(400g)より軽い。

ブラシレスモーター用アンプRCE-BL100G
仕様
・Contimuous current:100Amps with porper air flow
・Surge current:135Amps
・Supporting motor types:2 poles to 10+poles in/outrunner brushless motors
・Supporting maximum RPM:2poles=>190,000rpm
・Supporting input voltage:5.5V~25.2V
・Supporting battery types: Li-ion/ Li-poly 2~6 cells, Ni-Mh 6-18 cells
・Size:72X30.8X19.5mm
・Weight:82g

                                          2011.04.21
修理完了。
修理と言うよりキットの組み立てに近い作業内容です。
パーツで気になる部分は、全て交換しています。
T−REX600を一機買った方が良買ったような?。
1.グリップ破損とスワッシュのガタが有ったのでヘッド周りとスワッシュを交換。
2.メインシャフトベアリングがゴリゴリしていたので調整してみましたが直らずベアリングブロック2個を交換。
3.アンプとモータの交換。
4.テールドライブをトルクチューブに交換(好みです)。
5.メインギャは、歪んでいたのでベアリングなどセットで交換。
6.TURNIGY 8-15A UBEC(レギュレター)も 以前テスト中に1個 原因不明で壊れたのでALIGNのリニアタイプに交換しました。
キャビンも新調しましたが、見た目は光沢が有り綺麗ですが塗装は良くない物です。
JRのステッカーを貼り直したときクリアの塗装が剥がれました。
HK−450proとお揃い(HK−450proは、スワッシュを交換しただけで現在も飛ばしています)。

殆どT−REX600です。

HK−600GTは、大きな振動は、無かった物の新品とは思えない振動でした。
回転音も綺麗な音とは、程遠い音です。
飛行は、T−REX600よりかなり大人しい設定でホバリングは安定感が有ります。

                                          2011.04.21
修理後のテスト飛行。
1.600MXモータのパワーは、今の所設定(ピッチ、ギャ比)をテストしていないので何とも言えない状態です。電流値が、取れるので負荷(ピッチ)を掛けてどうかです。ピニオンは、現在14T。
2.回転音は、良くなりましたが、もう一機のT−REX600比べると良くありません。
3.エレベータの効き具合が変です。宙返りをしたとき、後半1/4でエレベータを引いても効ず 思うような円に成らない。ロータの回転が、低くなっている事も原因かな。
大きな原因は、ミキシングアームをシーソーホルダーに取り付ける時に穴位置を間違って 3Dの位置に取り付けた事でした。
3Dをやっている方でも3Dの穴位置は、直線飛行でピッチングし易いので使っていないという事でした。
4.アラインのカーボンパドルに交換したのですが軽いので重りを取りつけてテストの予定です。
                                          2011.04.21


HOME