無尾翼機(N59EX−E1)

完成図

 電動の無尾翼機です以前にも製作しましたが、それは、直進性が無くうまく飛びませんでした。
今回は、捻り下げを付けた主翼にして、直進性を良くします。
それと上反角を3度ほどつける予定です。
 無尾翼のグライダーのつもりですが、うまく飛ぶかどうか。プッシャータイプですし。

 仕様
 全幅    1420mm
 全長    530mm
 翼メ面積  21.7du
 重量    400〜420g
 翼面荷重 22〜24g/du
 モータ   QRP400RVモータダイレクト

2002.06.15

 

構造図

 構造図です。
*現在、設計変更中です。2002.07.04

 図面をクリックすると大きな図面を開きます。

2002.06.18

 

 

製作中

 片翼が、ほぼ組み上がったところ。
 重心位置が、心配でしたのでモータを前の部分に搭載することにしました。
 主翼中央部分。丸穴4箇所は冷却用の通風孔です。
 主翼下面、下面は、ほぼフラットです。
 モータ取りつけ用のリングです、1tのアルミ板から、切りだしロウ付けして製作しました。
 モータナセル部分に埋め込んで瞬間接着剤で固定します。リングの周りに明けた穴は、瞬間接着剤を流し込むための穴です。
 リングにモータを仮止めしてみたところ。

 

完成機とテスト飛行

 形としては、まあまあだと思っていますが、どうでしようか?。

 初飛行は、一応飛びました。エレベータ フルアップでやっと上昇できる程度でした、重心位置を22%でテストしたのですが前すぎたでした。現状ではエルロンもあまり効かず次回重心位置(22% > 30%)を調整後どうなるかです。
 直進性、安定性は、良い状態でした。

2002.02.09   

 最終仕様
 全幅    1420mm
 全長    530mm
 翼メ面積  21.7du
 重量    400g
 翼面荷重 18.6g/du
 モータ   QRP HYPER400/35T-Nダイレクト
 サーボ   HPI HB-1503 HBマイクロ x2
 受信機   GWS R−6N(6ch)
 アンプ   HPI HB-1502 (15A)
 ぺラ    QRP 70525 CAM 6X3 オリペラ
 バッテリー  Ni-MH  7N−700(85g)


 重心位置は、25%までしか移動できませんでした、この状態でテスト飛行してだめなら初期設計のようにモータを後ろに搭載しプッシャー式にしなければなりません。大改造です。

2002.07.12   

 重心位置25%でのテスト飛行を行いましたが、前回よりはエレベータのアップの度合いは改善されましたが、まだモータオフすると、滑空どころでは有りませんでした、やはり30%までもって行かないとだめです。プッシャー式に改造して重心位置を合わせ、翼端の剛性がないので風に煽られるとふらつきがひどいので、主翼の剛性を上げる改造をして再度テストです。

2002.07.22   


HOME