電動空撮機

 簡単な構造の空撮機です。
 540モータを使用する予定です、カメラは、35万画素のデジカメ(120g)を搭載します。
 ほとんどポンコツ号アイちゃんですよねこれは、この状態で重量は250gでした完成重量は、950g前後となる予定です。

 仕様
      全幅    1200mm
      全長     900mm
      翼面積     25du
      翼型    オリジナル準対称
      重量     950g
      モータ    540クラス(ギヤダウン)
      アンプ   MC−114H(フタバ)

2001.09.27    

完成機

 完成した空撮機です、上の写真は、製作したNi−Mhバッテリーパックと搭載するデジカメです。
 モータは、有り合わせのタミヤのミニクーパ用スペシャルモータ ターン数は、20T前後のようです磁力は強めです。
テストでは、APC11x7で4850rpmでしたが ちょうど近くの模型店にE−propの10.5x7”が有ったので購入しました。
 カメラは、チノンES−1000です。

 機能一点張りなので可愛げのないのは仕方ないですか。

 最終仕様
      全幅    1200mm
      全長     930mm
      翼面積     25du
      翼型    オリジナル準対称
      重量     1020g(カメラなし900g)
      モータ   540クラス(ギヤダウン)ギヤ比は、3.5:1位
             タミヤアクトチューンMスペシャル(仕様不明)
      ペラ    aeronaut E−prop 10.5x7”(4850rpm)
      アンプ   MC−114H(フタバ)ヘリ用です
      電池    Ni−Mh 8.4V 1700mAh 210g

2001.09.29    

 

テスト飛行1

 初飛行は、カメラを搭載せずに行いました。パワーが十分かどうか判らなかったからです。
浮きは、非常に良くカメラを搭載しても十分低速飛行が可能でしょう。しかし上昇力が有りません やはりパワー不足ですモータの変更が必要です。
 モータは、テスト用に23Tと13Tを購入しました、23Tですが、トルクが有り従来のモータと比べると15Tくらいのパワーが有るそうです 13Tは、従来のモータで高回転タイプのモータです。

2001.09.30    

テスト飛行2

 換装したモータとギャダウンユニット。
 ギャダウンユニットは、プラスチィックのため剛性がなかったので前側のプレートと支柱を自作したものに交換しました。ついでにダウントリムでしたので推力軸を上げるためユニットを反転して取り付けました。
 モータを換装した結果です。
  
  ヨコモ NEW ZEROシリーズ T−MAX 23T シングル巻き レイダウン 8分レース用
   11丁  5460rpm
   13丁  5520rpm
   16丁  5700rpm
   18丁  5700rpm
 16丁を、セットすることにしました。
 回転数としては、17%のアップですからカメラを積んでテストする予定です。
 13Tのモータは、ギャ比が取れないのでテストしませんでした。

 あとは、ダイレクトドライブにしたらどうなるかテストする予定です。

2001.10.01   

空撮写真1

 製作した空撮機で、撮影した飛行場の写真です。
10枚ほど撮影した内の2枚です、他の写真は、ブレや撮影位置不良でした いま少し練習をする必要があります。


2001.10.08    


HOME