サーマル工房 アーバンXCの製作

機体仕様

改造部図面

 スポイラーをワイヤーリンケージの1サーボ式から、ワイヤー無の2サーボ式に変更。
(図面は、游我NO.2のを流用)

仕様

仕様
 全幅    2530mm
 全長    1372mm
 翼型    S−3021
 翼面積   47.7du
 全備重量  850〜950g
 翼面荷重  18.87g/du(完成重量900g計算)
完成機重量   胴体 464g (バラスト 121g込 内調整用 5.5gx3個)
          主翼     360g
          水平尾翼   32.5g
          カンザシ   11.5g
         
TOTAL    868g (バッテリー無)
受信機    JR RD735 (
DSMJ 2.4GHz
モータ     
GF-2215-20 1200kv 59g
        参考 
3S 10x47SF 7400rpm 20.2A 1125g 3S 10x5E 9350rpm 24.5A 1200g
折ペラ    グラウプナーCAM 9x5(スピンナー30mm、ペラ取付ピッチ35mm)
アンプ    TURNIGY PLUSE 30A MAX 40A,,Lipo 2-4S,BEC 5V/2A
サーボ    ラダー、エレベータ、エルロン EMAX ES3301 2kg/0.12sec(4.8V) 10.6g
        ブレーキ タマゾー TS−1008 0.6kg/0.3sec 4.2g
バッテリー  Lipo 3S-860mAh (35C) 69g

 2017.09.09 

 

製作

 エルロンサーボの固定とカバー。
 カンザシとブレーキの細工。

 翼端部分。接合時の位置出し用ピンを追加。

 生地完成の左翼。

 尾翼完成。

 垂直と水平の土地付け部分の補強の様子。
水平尾翼のカンザシは、2mmのカーボンロッド2本です。
 ライン用カッティングシートとPPシートで作った型紙。

 大体出来上がったので、仮組して見ました。
カラーリングは、箱の完成写真まんまコピーです。

2017.09.09

 完成機、飛行場にて。                            2017.09.25

テスト飛行

 昨日、無事初飛行しました。
全体的に、剛性が無いので穏やかな時向きです。
翼面荷重が、低めなので浮きは、良好です。               2017.09.25



HOME