HOBBBY KING Prime Jet Pro
Glue-N-Go Series-Formboard kit の製作

仕様

 atorie_m_mで安売りしていたPPフォームボード機です。
プッシャータイプの先尾翼機製作の参考に購入した機体です。
主翼の剛性が無いのでパワーは、抑えて165W程です。

仕様
 全幅    700mm
 全長    560mm
 翼型    フラット 6mm厚 PPフォームボード
 全備重量  328g
 翼面荷重  23g/du (翼面積14du )
モータ    EーMAX CF2812 1534kv MAX15.5A 41.5g
        実測 
APC6x4E 4S 11.1A
        メーカデータ APC7x5 2S 7.67V 7.87A 8,860rpm 推力415g
               APC8x6 3S 10.62V 13.62A 11.490rpm 推力660g
アンプ    
HOBBYWING FRYFAN 18A MAX 22A BEC5V2A lipo 2-4S 23g
受信機    JR RD635 (DSMJ 2.4GHz)
サーボ    エレボン(
2サーボHitec HS-65HB 1.8kg/0.14sec 2個
バッテリー  Lipo 4S-800mA

2018.04.14  

製作

 モータマウント部分の補強。 2018.04.14
 モータマウント部分。 2018.04.14
 エレボンのリンケージ。 2018.04.14
 下面の様子。  2018.04.14
 完成した機体です。
重心位置とか、舵角が不明なので大体の設定値での初飛行です。
初期設定ですが、エレベータをニュウトラルで6mmアップ側へオフセットしています。
舵角は、ローで12mm、ハイで17mm位に設定。
モータの取り付け角は、0度で製作。
先尾翼、主翼の取り付け角は0度です。
SIGのTRY−STARでは、モータはダウンスラストが付いて先尾翼は迎角が付いています。
とりあえず重心位置は、補強用のカーボンパイプの前辺りに設定。
                       2018.04.14

テスト飛行

 先尾翼機でプッシャーは、初めてですね。
スロットルを、急激に変化させなければ特に飛ばし辛い機体では有りません。
スロットルを急激にオフにすると強いアップ状態になりますのでスロットルは、ゆっくり
変化させます。エレボンのエレベータは若干ダウンのトリムに成りました。
エレベータは、トラクタータイプの無尾翼機では、必ずアップトリムですが、この機体で
は、若干のダウンです、先尾翼の 影響かな?。
通常は、ノーズを少し上げ迎角の付いた状態で飛行しますのでエレベータのダウン
方向は変化しやすいので要注意です。、
先尾翼を無くした方が飛ばし易そうですが、要テストですね。 
                      2018.04.14

改造とテスト飛行

 先尾翼を無くしました。
風のせいか、スロットルの加減にたいしての癖が強く出て飛ばしずらくなって墜落
しましたので先尾翼無しに改造しました。
ノーズを短くし序に主翼下部に補強を入れねじれ方向剛性を上げました。
                      2018.05.20
 癖は、大分軽減され飛ばし易くなりましたが、まだ残っています。
まだパワーのON、OFFには、注意が必要ですが墜落はすること無くテスト飛行を終了しました。
モータのスラスト方向を調整すればもう少し改善できるかもしれません。
                      2018.05.30

HOME