EPP 3D機  
 

完成図

物は、試しで作って見る事にしましたが。
大きさは650x650と小型です。
主翼面積12du、総重量220g前後の予定。
モータは、AX-2312N(840KV)57g、バッテリは、3S 450mA 25C 41g。
200g以下は、難しい所です。
スプレーのりを用意した方が、楽に作業が出来そうです。
                                         2009.06.19 

構造図、他

構造図(仮の図面)
                                          2009.06.11 
部品図(仮の図面)
EPPシート3tx600x900の30倍を、2枚使って製作。
                                          2009.06.11 

製作途中

ミラクルシートを貼り付けて見ました。
                                          2009.06.25
当初リブ組みの予定でしたが、組んで見ると歪みが出やすいのでスパーのみの構成にしました。スチロールコアにEPPプランクの方が、作りやすいかも?。
両端のみにリブを貼り付けます。
貼り付け後直ぐに歪みを修正します、接着剤が軟らかい内に。
カンザシは、5φのカーボンパイプ(ソリッド厚肉)。
                                          2009.06.25
3x0.5x200のカーボンスパー材を貼り付け補強。張り線0.8φカーボンロッドも追加。
                                          2009.06.25
ホーンを除いて生地完です。
生地完重量98g完成予想重量は、230g前後、翼面加重18.4g/du前後。
ホクセイモデルのプライマス EPP・SOVの面積比で1/2ほどのサイズ。

                                          2009.06.25
リケージ、ロッドと抜け止め。ロッドは、カーボンロッドと1φピアノ線を瞬間で軽く固定その後たっぷり瞬間を付け収縮チューブを巻きます。
                                          2009.06.26
抜け止めストッパーは、2φ PPチューブをライターで柔らかくして引き伸ばし、引き伸ばした部分の肉厚を付ける為少し戻します。これを切断した物が下の物です。
何回か、失敗しますがアルミのストッパーより軽量で何より格安。
一つ前の写真の様に差込、径の大きい方に瞬間を流し込み接着。
たっぷり付けるので硬化促進剤が有ると便利。
                                          2009.06.26
リンケージ。
                                          2009.06.26
完成です。
大分仕様変更しました。
 モータ     GWS GW/BLM001A 2050KV 30g
         メーカデータ : 7.4V、8.2A 、推力328g、12、030rpm(ペラEP-7035)
 プロペラ   GWS EP-7035
 アンプ    TowerPro MAG8 12A
 バッテリ   enlipo 850mA 2S 15C
 
総重量は、240gとなりました、翼面加重19.5/du。
悪くない数値と思います。
最大電流11.5A(実測)、アンプが12Aなので連続フルパワーはキツそう。
機体の補強材は、カーボン材料のみで製作しましたが、ガラス繊維入りのテープなどを使い強度を上げた方が無難です。
機体(リンケージ、ホーンを除く)自体の材料費は、2千円ほどで済みました。
                                          2009.06.26

テスト飛行

通常飛行の安定は、良好でした。
翼型を、薄めにした為か滑空速度(飛行速度も)が速いですね。
ホバリングは、ハイペリオンのYAK55(プロフィール機)に比べ やり易機体でした。(機体が軽い感じがしました。)
後は、フラットな旋回が綺麗に出来ました。(無風だったので、たまたまかも)
フラットな旋回:いつもの遊びで機体を水平状態のまま旋回させます。
そのままラダーを強めて徐々に旋回径を小さくして行き最後はフルラダー。
最後は、フラットスピン状態です、うまくコントロール出来れば高度を維持出来ます。
機体の大きさから来る問題はともかく小さくて可愛いので結構気に入りました。
見た目はともかく、確かに壊れずらい機体でした。バルサ機では壊れていて当然の落ち方でも見た目の損傷は有りませんでした。
                                          2009.06.29


HOME