10クラス電動パイロン機

完成図

 
何機か作ったパイロン機の10サイズの電動版です。
タイトなのでエンジン機をそのまま電動化するのは難しいので新規に制作します。
25の機体は、譲ってしまったのでその代わりです。
手持ちの機材で製作すると言う制約も有りこのサイズになりました。

 仕様
 全幅    1004mm
 全長    702mm
 翼面積   10.0du
 翼厚    8%(フラットボトム タイプ)
 重量    550g(予定)
 翼面荷重 55g/du(予定)
 モータ   MYSTERY D2836−1700 1700KV MAX28A 73g
 アンプ   AOXING AE−30A
 サーボ   GWS PICO−STDx3個
 バッテリー リポ3s2200mA(30C) 180g

パワーは、25A、10V計算で250W、10LA程度の出力です。
全開で5分〜6分の飛行時間に成りますが、モータは、まだ余裕が有ると思われます。
データが無いので動力テストの必要が有ります、地上で7x5〜6が12000〜13000回れば良しです。
それ以上回ってくれれば文句なしですが。
サーボは、3D機の様に大きな舵角と舵面の面積を必要としないのでPICO−STDでも十分と思います。
小さいので、載せやす点も大きな理由です。
昔の機体は、舵角と舵面の面積が小さかったという事も有り トルク3kgのサーボを3kgの機体に使っていましたが。現在は、アクロ、3Dが主流になった事も有り大きなトルクのサーボを使うことが多くなりました。

2010.01.15   

構造図

図面をクリックすると大きな図面を開きます。
                                           2010.01.16 
最終図面に更新                                 2010.01.24 

モータの動力テスト

モータ MYSTERY D2836−1700 1700KV MAX28A 73g

APC    6x4E    18500rpm   19.2A   11.71V
APC    6x5.5E  17900rpm   23.7A   11.76V
ヒロボー   6x5.5E  16900rpm   25.3A   11.80V
APC 7x5Eでは、33A、APCエンジン機用7x5で32Aでした。
思ったより大分違う結果になりました。
ヒロボー6x5.5Eか、APC 6x5.5E を使用します。
飛行速度は、ピッチ5.5、回転数17900rpm単純計算(プロペラピッチ(Km)x回転数x60分=速度Km/h)で150Km/hで、推力は、計算値で830gです
飛行中は、回転数も少し上がるのとプロペラの揚力等で160Km/hくらいでしょうか?。

2010.01.21   

部品図

図面をクリックすると大きな図面を開きます。

2010.01.27   

プリントアウト用レイアウト図。

2010.01.27   

製作中 

切り出しが終わった部品。                        2010.01.29  
スパーは、4tのバルサで、上と下に3mm幅x0.5tのカーボン板(黒い部分)を貼り付け。
中央部分は、4tのバルサ スパーを2tのシナベニヤでサンドイッチにして強度を出しています。この後リブと翼端を貼り付けます。
脚の取り付け台は、シナベニヤ2tを4枚張り合わせて製作。
大きめに切り出しておいて、張り合わせてから寸法にカットします。

                                          2010.02.02
翼端とリブとエルロン部分を接着。 エルロンは、後で切り離します。
プランクが終わってエルロン部分を紙やすりで整形したところ。
小型機でフラットボトムの翼なので製作は、非常に楽です。
プランクも瞬間接着剤の 高粘度と中粘度のみで貼り付けています。
高粘度の瞬間接着剤を玉状に点々と接着する部分に置いていきます。
塗ってしまうと早く固まってしまいます。
プランク材を置いて、端から抑えていきます。
角棒で端から端までを一緒に押さえました。
胴体のメインフレームを仮組して見ました、問題は無いようです。

                                          2010.02.02
胴体が、生地完に成ったので仮組してみたところです。
40mmのスピンナーが、大きい。
アルミの30mm径では4mmのモータシャフト用が無く、モータも28mm径の為40mmとしました。
タイヤは、1.5mm厚航空べニヤを2mm厚バルサで挟み、軸受けに真鍮パイプを埋め込んであります。接着剤は、瞬間を使用。
足は、ピアノ線2.5mm径、ストッパーが無かったので2mmネジ用ワッシヤーをハンダ付けしています。
プラスチックのタイヤでは、溶けてしまう可能性が大きいのでやらない方法です。

                                          2010.02.05
リンケージパーツ他。
エルロンのリンケージは、ボールリンク 1.6mmピアノ線を加工し5mmのボールをハンダ付け。
エルロンが、薄いのでエルロンに差し込む部分は 平たく 楔の様に加工して有ります。

                                          2010.02.05
サンディングが終わりこれからフィルム張り。
バッテリを搭載する為のハッチ部分(キャノピ)をカット。
                                          2010.02.13
青い樹脂シートは、フィルムをカットする為の型紙。
型紙に沿ってカッターで切り出します。
3,4回で切る感じで軽く型紙に沿ってカットして行きます。
力を入て切ると型紙まで切れてしまいます。
                                          2010.02.13
完成した機体です。重量は、550gと、ギリギリ予定内で完成。
フィルムをオラライトにすれば20gほど軽量に成りますが、主翼強度を上げたかったのでオラカバを貼っています。
青と赤のフィルムが足りなかったので余っていた紫を使いました。
                                          2010.02.13
リンケージ、最近多用しているカーボンロッドとピアノ線の接続方法。
瞬間接着剤と収縮チューブでカーボンロッドとピアノ線を接着。
位置を合わせてカーボンロッドとピアノ線を瞬間接着剤で仮止め>瞬間接着剤をたっぷり付けてから収縮チューブを被せて炙ります>余分な瞬間接着剤が出てくるので拭き取ります。(出てきた瞬間接着剤が燃えるので注意)
ホーンもFRP板から機体に合わせて切り出した物です。
瞬間接着剤で接着するので固定は、簡単です。
                                          2010.02.13
バッテリーの移動で重心位置を調整出来るようにするためエルロンサーボを縦積みしています。
40mmアルミスピンナーは、ワールドモデルスで購入した物で880円ですが出来は良い方です。
                                          2010.02.13

テスト飛行

飛行スピードは、思ったほど出ませんでした。
15電動スポーツ機よりは、早いスピードでしたが今一つです。
推力は、申し分の無い推力で、離陸も10mそこそこで加速し離陸して行きます。
加速も良い機体としたいところだったのでその辺はOKでした。
スピードは、4セルにすれば、早くなりますが加速は遅くなりそうです。
アンプのBECがリニアタイプと言うのも4セルにするか迷うところです。
飛行安定は、良好です。
着陸は、思いの外伸びてきます。スピードが落ちない感じです。
翼面加重は、悪くないので着陸は少し速い速度での着陸をすれば安全に着陸できます。
飛行時間は、終始全開でなければ8分は飛行できそうです。
ダウントリムなのでエルロンで少し補正しようかと思います。

                                          2010.02.21  

テスト飛行(4セル)

4セルにしてみました。
BECがリニアタイプで心配でしたので、受信機とサーボは別電源で2Sー200mAのリポと5V−1.5Aのレギュレター(自作品)を搭載しました。

ペラは、APC E 5.25x6.25、 4セルで初期値25A−22500rpmでした。
回っている割に引きが弱いので、普通は使わない回転数とペラです。
音も甲高くなり耳障りです。
リポは、4S-1500mA 16C 連続24A (ポリクエスト)です。
大分前に購入した物なので現在のリポ程 出力が出ません。
この状態なら安心して全開で飛ばせそうです。
電流値は、丁度良い具合です。飛行中は22A前後でしょう。
30Cなら地上で30Aくらい流れそう。回転数も30Cにすると25000rpm前後になりそうですね。

飛行速度は、3セルより上がりましたが、加速はかなり落ちています。
3セルは、450ヘリと共用でしたが4セルは専用として使えます。
アンプが30Aなのでまだ余裕が有りますがこのセットで一応テスト飛行は終了とします。

                                          2010.03.24  

先日飛行した際主翼が、フラッターを起し墜落しました。
ねじれ方向は、強くない翼でしたのでねじれの対策をしないと4セルでの飛行は諦め元の3セルに戻す事にしました。

                                          2010.05.16  


HOME