無尾翼小型SALグライダー

( OPTERYX DLGの機体を参考にした機体)

構造図と仕様

図面をクリックすると大きな図面を開きます。
 仕様
 全幅    700mm
 全長    515mm
 翼面積   約12du
 重量    70g位かな?。
 翼面加重 12.9g/du  (3S250mA搭載時11.7g/du)
 翼型    フラットボトムタイプの薄翼(AG3mod)

 バッテリー リポ1S120mA

 サーボ   HK-282A 2個
 トルク:    0.2kg
 重さ:     2g (.07oz)
 スピード:  0.08 / 60deg
 電圧:    3v~4.8v
 モーター:  コアレス
 プラグ:   マイクロ

 受信機   Frsky VD5M
 寸 法:  23 x 19 x 8mm(実測、コネクター部含む)
 アンテナ長: 32 mm
 重 量:  2.2g (実測)
        1.6g (ケースなし、メーカー公表値)
 入力電圧:3.0〜7.2V



2013.07.05 

完成した機体です。

全備重量  69.3g
内 バラスト 9.8g
翼面積     11.8du
翼面加重  5.8g/du

ノーズが短いのでバラストを積む事に成るのは、予想していましたが、なるべく減らしたい所です。
垂直尾翼は、3mm厚から1.5mm厚に変更して軽量にしました。2gの重量減。
次回製作する時は、後退角を強くしてバラストをなるべく減らした機体に成ります。

2013.07.12 

テスト飛行

機体が、軽く翼厚も厚めなのでランチ高度は揚がりません。
到達高度は、強くランチしても余り変わらず。
平地でサーマルに乗るのは難しいと思います。

サーボは、リポ1セル用で軽量な物という事でHK-282A を使いましたがガタが大きく微妙な操作が必要な機体には不向きでした。

不思議だった尾翼の形状ですが、2号機のテスト飛行で分かりました。
ランチ時に尻振りになりますが、それが強く出るとエレベータ方向に回転してしまいます。
ランチ時の強い尻振りを抑えるための物でした。

2013.08.29 


HOME