無尾翼小型SALグライダー 3

 

構造図と仕様

図面をクリックすると大きな図面を開きます。(仮図面)

前回、バギングに失敗して重い機体に成ってしまったのと、尾翼の形状を失敗しましたので再製作する事にしました。
この機体の尾翼の形状等は、ランチ時の安定の為の形状になっていることが分かりましたので、1号機の形状に戻しました。
スタイロフォームは、翼が短いので軽いスタイロフォーム(IB)にしました。
IBは、スタイロエースに比べ重量は2/3です。

 仕様
 全幅    780mm
 全長    486mm
 翼面積   約14.4du
 重量    100g位の予定。
 翼面加重 7.0g/du 
 翼型    フラットボトムタイプの薄翼(AG3mod)>>*TopSkyの翼型に変更

 バッテリー リポ2S120mA
 
 サーボ   BLUE ARROW D03011 2個

 仕様

 作動電圧:リポ1セル 3.7V
 スピード:3.3V 0.11sec-60° / 4.2V 0.08sec-60°
 トルク:3.3V 0.25kg-cm / 4.2V 0.3kg-cm
 重量:3.2g
 ※5V以上で使用不可。

 受信機   Frsky V8R4−U

 仕様
 
 動作電圧: 3.0〜16V
 消費電流: 30mA
 分解能: 3072
 レイテンシー: 22ms
 チャンネル数: 4ch
 電波到達距離: 1,000m
 サイズ: 36 x 17.8 x 8 mm
 重量: 3.5g 

2013.09.08 

製作

切り出した翼。
バギングの終わった主翼。
主翼     (エポキシ樹脂準備量 片翼ー主剤20gを準備)
L 31.4g  R 32.3g
尾翼
2.95g   (エポキシ樹脂準備量 主剤3gを準備)

TOTAL ≒ 67g
100g以内で完成出来そうです。

2013.08.08

画像をクリックすると大きな画像を開きます。
機体重量 100.3g(バラスト込み) +バッテリー 8.6g
100gを切れませんでした。

2013.09.16 

テスト飛行

性能は、1,2号機(失敗作)より 良く成りましたが、TopSky 3.0 Disser(SAL機)と比べると大きな差が有ります。当たり前ですが。
暫らくは、テストと調整をしながら遊びます。

次回の機体は、大きさの変更。重量250g前後に大型化して製作の予定。

2013.09.16 


HOME