オリゾン4c-50(電動) 

改造図と仕様

画像をクリックすると大きな画像を開きます。
オリゾン4c−50を、電動に改造します。
以前、オークションで購入した物です。


 仕様
 全幅    1330mm
 全長    1185mm
 翼面積   29.7du
 重量    2.0−2.1kg
 翼面加重 70.7g/du 
 翼型    15%対称

 モータ   enRute enPower36L-600kv (max50A)
        SK12x7 8600rpm
 アンプ   ハイペリオン 80A(OPT) 2S−5Sまで
 バッテリー リポ HP VX−5Sー2500mA(25C)320g
 サーボ   TURNIGY 380MG (トルク3.5kg/0.15sec) 4個
 受信機   JR RD−735 

   2013.11.07 

製作

胴体前部の改造部分です。

2013.11.12

主翼のリブ組と主翼接合部の様子。

2013.11.17

胴体前部。付属のカウルは、使わずバルサでノーズを製作。
後で、下側に足の取り付けと、モータと電池用のハッチを切り出します。

2013.11.17

ガラスクロスをノーズ内側に貼り付け補強します。
右の円盤は、モータ取り付け台

2013.11.25

胴体前部.。エポキシ硬化後の様子です。

2013.11.25

大体パーツが、出来上がったので仮組みしてみました。
今のスタント機と比べると胴体が細く、写真だとチップマンクの様です。

2013.11.25

カラーリングは、こんな感じの予定です。

2013.12.27

完成した機体

組み立てやバッテリー搭載の時に必要なので簡易スタンドを作りました。

2013.12.13

バッテリーの搭載位置は、重心位置に合わせる為大分後ろに来ました。
以前のデータでは、SK12x7 8600rpm。
5セルでは、パワー不足なので6セルにしたい所です。
6セル22.2V、APC11x7E 11000rpm 静止推力  2500g前後
11.1V 2200mAが、35Cでも安いので2本購入しようか検討中です。

機体総重量 1,845g

胴体      1,065g
主翼      390g
バッテリー  340g 5S2500mA
バッテリー  50g  受信機、メカ用

************** 以下は、メーカデータ **************

enPower36L-600-5mm モータスペック
外径:37mm
長さ(突起除く):47mm
重量:187g
KV値:600
シャフト径:5mm
マウント取り付け穴間隔:25mm
対応リポ:4-6セル
最大電流:60A(800W以下で使用してください。)
バックマウント用プロペラアダプター付属

参考データ
リポ6セルを使用する場合
SK11x7プロペラ 11000rpm 35A 静止推力2.7Kg
SK12x6プロペラ 10500rpm 41A 静止推力3.3kg
4サイクル50クラスの置き換えとしては、SK11x7のプロペラと、2500mAh〜3500mAhのリポ6セルがおすすめとなります。
リポ6セルは、enLipo3000mAh3セルを、直列用ケーブルでつないで使用するのが、汎用性も高く、搭載も楽になります。
SK12x6は、全開時にやや過負荷となりますが、低速で飛行させるスケールモデルなどには、低速での引きが強くお勧めとなります。

リポ5セルを使用する場合
SK11x7プロペラ 9700rpm 28A 静止推力2Kg
SK12x7プロペラ 9200rpm 36A 静止推力2.7kg
SK13x7プロペラ 9000rpm 39A 静止推力3kg
4サイクル50クラスの置き換えとしては、SK12x7のプロペラと、2500mAh〜3500mAhのリポ6セルがおすすめとなります。
リポ5セルは、enLipo3000mAh3セルと、enLipo3000mAh2セルを、直列用ケーブルでつないで使用するのが便利です。
SK11x7は、余裕のある負荷で、消費電流が少ないため、軽量機体を長時間飛行させるのに適しています。
SK13x7は、全開時にやや過負荷となりますが、低速で飛行させるスケールモデルなどには、低速での引きが強くお勧めとなります。
************************************************

2013.12.13

テスト

動力テスト。

5S 2500mA(25C)
APC11x7E    8,650rpm (計算推力 1,623g) 410W
APC13x6.5E  7,620rpm (計算推力 1,824g) 38A (15.2C) 570W

6S 2200mA(35C)
APC11x7E    11,000rpm(計算推力 2,480g) 34A (15.5C) 725W

テスト飛行
バッテリーが、悪いのか6Sでは、パワーダウンが早い感じです。
最初の1分ほどの出力は、十分以上。
5Sで13x6.5Eの方が、パワーダウンが緩やかで良いかも知れません。

2013.12.25


HOME