2mの無尾翼グライダー 

完成図と仕様

無尾翼機で、大きな機体を作って見たくなってインターネットを検索していたところ、「zorro light」と言う無尾翼を見つけました、その機体を模した機体です。

翼は、2分割で持ち運びは良さそうですが?。
構造は、材料費を検討した結果、大分違う構造にしました。
元の機体は、カーボンパイプを主翼のスパーに使用した物ですが、軽量で安価な物はみつからず、一般的な主翼の構造にしました。

 仕様
 全幅    2070mm
 全長    550mm
 翼面積   42.6du
 重量    900g位?の予定。>> 完成重量780gでした。
 翼面加重 21.1g/du 
 翼型    SD7037に近い翼型

 モータ    EMAX GF−2215−20 1200kv
        シャフト径 3mm、重量52g
        外径28mmx48mm(シャフト先まで)
        データ(メーカ)
        10x4.7 7400 20.2A 1125g
        10x5  9350 24.5A 1200g
 ペラ     9x5の折れペラ(メーカ不明)
 アンプ   Hobby king 30A BEC 5V3A
 バッテリー リポ 3S 11.1V 1000mA
 サーボ   Turnigy XGD-10HM トルク2.2kg/o.12sec 2個 (エレボン)
        Hobbyking HK15168 トルク1kg/0.14sec 2個(ブレーキ) 
 受信機   JR RD−435 

   2014.04.21 

構造図

平地では ブレーキを使かわなくても着陸出来ますが、スロープでは有った方がよさそうなのでブレーキを追加しています。 
2014.05.12 構造図変更

   2014.05.12 

部品図

  2014.05.12 

製作

仮組して見た機体です。
完成重量は、700g前後になりそう。

 2014.05.26

完成した機体です。
完成重量は、思っていたより重く780g(3S1050mA 100g搭載時)でした。

2014.06.06

胴体内部。バッテリーは、重心合わせのため目いっぱい後ろになりました。

2014.06.06

取り外せる様にした尾翼取り付け部分。                                               2014.06.06
ブレーキを作動させた状態です。フライトモードで切り替え、動作量は、2段有ります

2014.06.06

テスト飛行

 モータのパワーは、十分です、ストレスを感じない上昇速度でした。
着陸では、ブレーキは不要でした。
重量の割に前面投影面積が大きい為か、速度が落ちます。
向かい風で浮いているのですが、中々手元に来ない状態になります。
遠周りしなくても着陸出来そうです。
 浮は、ミニまんばもどきより浮きますが、圧倒的では有りません。
 動きは、ゆったりとしていい感じです。
まだ暫くは、テスト飛行を続行。 

   2014.07.17 


HOME