マルチコプター(Quadcopter)の試作

外観と仕様

 試しに買ったおもちゃのクワッドコプター飛ばしてみて、自作してみました。
6軸のジャイロ(フライトコントローラー)は、THUNDER QQ super を使いました。
マルチコプターのコントローラーの中では、一番安いタイプです。
設定もマルチコプターのタイプと受信機のタイプを設定するデップスイッチの設定とプロポとのキャリブレーションを行なえば後は、感度(ゲイン)を調整すれば飛行可能です。

仕様
 全幅    220mm(モーター中心間)
 全長    220mm(モーター中心間)
 重量    418g(バッテリー97g)

 モータ   AX-1806C-2100kv 23g
 ペラ     GWS電動タイプ 4x2.5 x4
 アンプ   Turnigy plush 10A x4
 バッテリー Lipo 3S 1050mA 40C 97g
 受信機    JR RD635+エクストラアンテナ

2015.02.21

構造図と部品図

                                           2015.02.21

製作

3mmベニヤで組んだメインフレーム。
アーム部分ノパーツ。パイプは12mmの軽量カーボンパイプです。
組み上がって塗装したフレーム。
搭載メカの配置。
下面です。

前後が、判別しやすいように高輝度のLEDを16個付けました。

2015.02.21

テスト飛行1

↑ テスト飛行の動画 ↑

 5x3のペラの予定でしたが、振動が大きく ジャイロが振動を拾ってしまうので4x2.5のペラになりました。
振動の為ジャイロの感度を一定以上げられませんが、安定は、十分です。
 感度を上げると運動性が、悪くなると思われるので 屋外でのテストで様子を見る予定です。

2015.02.21


HOME