F3Aスカイラーク 1m EPO製 の製作 

完成機と仕様

 落としても被害の少ないEPO製を練習用に購入しました。(落とすの前提?・・・)
 
仕様
 全幅    1030mm
 全長    950mm
 完成重量  630(バッテリー Lipo 4S-1300mA込)


モータ   NTM Prop Drive Series 2826 1100kv
        参考データ
        シャフト径 2mm
        重量 16.1g
        参考データ
        Model: NTM Prop Drive Series 2826 1100kv
        Kv: 1100rpm/v
        Poles: 12
        Motor Wind: 17T
        Max current: 20A
        Max Power: 189W @ 11.1V (3S) / 290W @ 15V (4S)
        Weight: 57g
        ESC: 20~30A
        Cell count: 3s~4s Lipoly
        Bolt holes: 16mm & 19mm
        Bolt thread: M3
        Connection: 3.5mm Bullet-connector
        Motor Shaft: 3mm
        Prop Tests :
        8x4 - 11.1V / 100W / 9.1A/ 0.54kg thrust
        8x4 - 14.8V / 116W / 14A / 0.82kg thrust
        9x6 - 11.1V / 149W / 13.6A / 0.73kg thrust
        9x6 - 14.8V / 285W / 19.6A / 1.05kg thrust
プロペラ   4Sで APC9x6Eを使用
アンプ    Turnigy PLUSE 30A BEC 5V 2A burst 40A Lipo 2-4セル 25g
サーボ     トルク 1.0kgー1.5kgのサーボを4個 使用
バッテリー  Lipo 4S-1300mA (149g)
受信機   JR RD635(DMSJ エクストラアンテナ無し)

 2016.07.30 

機体の製作

機体内部のメカ配置                            2016.07.30 

エレベータサーボ、ラダーサーボは反対側です。             2016.07.30 

テスト飛行

 重量もそこそこ有るので飛ばし易いです。
気を抜いて飛ばし藪に突っ込み足を紛失しました。            2016.07.30

 全開連続で3分位の飛行中にモーターが焼けていまいました。
モーターを NTM Prop Drive Series 28-30A 1100kvに交換の予定です。
最大出力は、1.33倍になりますが、ペラは、そのまま APC 9x6Eを使用します。

NTM Prop Drive Series 28-30A 1100kv 仕様
Kv: 1100rpm/v
Max current: 26A
Max Power: 289W @ 12v (3S) / 385W @ 15v (4S)
Shaft: 3mm
Weight: 68g
ESC: 25-30A
Cell count: 3s~4s Lipoly
Bolt holes: 16mm & 19mm
Bolt thread: M3
Connection: 3.5mm Bullet-connector                    2016.08.09 

 左が、換装する28−30。右が、焼損した28−26です。
換装後飛行速度は、満足な速度になりましたが、ラダーがフラッターを起し墜落。
原因は、ラダーホーンの留め具が外れた為でした。ホーンをねじ止め式に変更。
他のホーンも同様なので交換が必要です。

2016.08.30



HOME